プチギフトはゲストが使えるものを

結婚披露宴の締めに新郎新婦がゲストたちを見送るとき、プチギフトを渡すのが結婚式の恒例となっています。とっても小さな心ばかりの品ですが、意外とこのギフトを何にしようか悩みます。わたしは結婚が遅かったので、自分の結婚式の前にたくさんの友達の結婚披露宴に出席させてもらいました。なので、それぞれの結婚式でプチギフトをいただきました。金平糖やドラジェ、耳かき、手作りクッキーなどいろんな品がありましたが、わたしが一番もらってうれしかったのは、マグネットです。マグネットは自宅の冷蔵庫に貼るために絶対に使うのでうれしい品です。しかも、その友達の実家がマグネットの会社をしていて、とってもかわいいハートのマグネットな上にとってもよく貼りつくマグネットだったので、かなり使えました。このように、もらった人がずっと使いたいと思えるようなものをプチギフトにするのがよいと感じています。

プチギフトをはじめてみませんか

プチギフトはもともとは結婚式に新郎新婦が招待客に手渡す小さな贈り物の事ですが、それ以外の機会にもちょっとした贈り物としても使えます。退職時に菓子折り1箱を買って会社の人に分けて食べてもらうのも良いですが、一人ひとりに小さなお菓子をお礼の言葉と共に配るのも「お世話になりました」の心がより伝えられるでしょう。最近は可愛らしいデザインの箱の中にお菓子が入った商品も売られていますし、ハンカチに「ありがとう」等のメッセージが入った品もあります。おみくじが中に入っている商品もあるので、女性が多い職場には喜ばれそうですね。退職以外にも、久しぶりに会う友達が好きな入浴剤や紅茶やお菓子を簡単にラッピングしたものを渡すのもプチギフトの1つです。小さなものだからこそ相手も気軽に受け取りやすいでしょう。ささやかな贈り物だからこそ伝えられる気持ちもあります。

プチギフトで親密になろう

仲良くしたいという人には、何かあるごとにプレゼントをしてみるといいかもしれません。しかし、あまりやり過ぎてしまうと気を遣われてしまうことがあります。良い距離感で居るためには、プチギフト程度がちょうどいい贈り物となります。プチギフトを専門的に取り扱っている通販サイトやお店を把握しておくといいかもしれません。いざという時に手軽に利用することができて便利だからです。特に、通販サイトの場合は、いつでも注文可能となっているので、お勧めです。贈りたい相手の住所が分かっていれば、注文してそのまま送ることも可能です。プチギフトのメリットは、費用的にもリーズナブルなものが多いという点です。そのため、贈る側も贈られる側もあまり気を遣わずに済みます。ちょっとしたお礼の品を探したいという時などにも役立つため、覚えておくと便利です。

お客様のご要望に合わせて、自費出版や冊子印刷などのサービスをご提供致します。 用紙見本、価格表にてサイズ、部数ごとの価格をご用意しております。またお見積もお気軽に承ってます。 当社は自費出版におけるお見積もりを無料で行っており、初めての方でも安心な最適価格を、早く正確にご提供させていただきます。 自主出版を初めてするなら銀河書籍へ